おー。返信ちゃんと来るんですねココ。 | 6a7ny3 | sa.yona.la help | tags | register | sign in

Re: …で、

おー。返信ちゃんと来るんですねココ。

reply

>いつまでも、どこまでも、たとえ法律的に罪を償い終えた後も、

>本人が死ぬまで一生、あるいは死んだあとも、続けるべきなのですか?


いいえ。私はこう書いています。

"罰の一部として「ある程度」は"と。度を越えた社会的制裁が許される筈がありません。よって、


>終わりがないのなら


については論外とします。で、


>終わりがあるのなら、その制裁の量や度合いのさじ加減は、誰がどのように判断するのですか?


当人です。

社会的制裁がそれに見合わないと判断した当人の手によって、その時の司法にゆだねられます。


>…そういうややこしいことを一般市民が深く考えなくて済むように、

>受けるべき刑罰の量や度合いのさじ加減を明文化したのが「法律」や「判例」でしょう?


違います。

まず「法律」はさじ加減を考慮していません。

例えば著作権法とそれに関する罰則が現代の技術に追いついていないなどという話はよく聞きますね。それを補うための程度内に収まる社会的制裁が必要となっているわけです。

「判例」については、後の世の参考になるように判決を下しているわけではありませんし、参考にされたとしても飽くまで参考ですから厳密なさじ加減には程遠いものです。



えーとところで全然関係ないんですが、長文かいてるとテキストエリアがチラチラするのは私だけですか?スゲー書きにくいんですが・・・。

posted by 6a7ny3 | reply (1) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: おー。返信ちゃんと来るんですねココ。

うーん?

reply

>>終わりがあるのなら、その制裁の量や度合いのさじ加減は、誰がどのように判断するのですか?

>当人です。

>社会的制裁がそれに見合わないと判断した当人の手によって、その時の司法にゆだねられます。


「当人」「それ」が誰/何を指しているのかよくわかりません…

犯罪者本人?犯罪者本人が自分自身の社会的制裁を司法にゆだねる…?

いやそれはなんかおかしい…

かといってここでいきなり被害者サイドが出てくるのもなんか唐突だし…

この文章、なんか全体的におっしゃる意味がよくわからないのですが

よろしければもう少しご説明いただけると幸いです。


>>ただし「法律」に従って。

>私はその「法律」に「社会的制裁」(という得体の知れない言葉)が含まれている、と申し上げております。


「充分に社会的制裁を受けたと判断して罰を少し減ずる」とかそういう判決はよく聞きますが、

その(社会的制裁も加味された)罰をきちんと終えたのなら

「犯罪者」から「一般市民」に復帰させるべきなんじゃないの?と言っているのですが…


…うーん、自分で書いててもなんかいまいちしっくりこないなー

posted by g2tw2s | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.